読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかきなこのどこへながれていくのかな

洋服縫って主にイベントで販売中。流れ着く先はどこなのか模索中。

残念なイケメン

その他いろいろ

先日、叔母が亡くなりました。

 

親族のお通夜、お葬式に出席するのは約20年ぶり2回目。

 

小学生くらいまでは従妹とも年に数回会っていましたが

一人を除いて他(4人)は20年ぶりとか30年ぶりの再会です。

 

従妹の子供たちは一人を除いて他(4人)とは初対面。

 

それでも会えば親族同士の共通の話題で盛り上がりました。

 

で、タイトルの『残念なイケメン』というのは従妹の子供の『S君』。

 

34歳、独身。関東在住。一流企業のエンジニア。

見た目は年齢より若く見え、清潔感のある爽やかイケメン。

 

 

彼女(嫁)募集中なのだが...突っ込みどころ満載で面白かった。

 

『一回り年下の彼女がいたが話が合わなかった』と言いながら同じく従妹子供(今年成人式、女子)のスマホの画像から可愛い子を狙おうとする。

 

12歳下がダメだったのに14歳下にチャレンジかよっ!

 

斎場で母が私のコートと間違えてS君のコートを手渡そうとした。

コートのタグとか見えなかったが多分高価なもの。

「靴は片手以上の価格のものを履いているでしょ」と聞いたらビンゴ。

 

おしゃれが好きで綺麗好き。

帰宅するとまず靴を磨き脱いだジャケットにブラシをかける。

シャツはクリーニングの仕上がりでは気に入らないので自分で洗濯。

 

「嫁にもそれをしてほしいの?」

『できれば...』

 

無理!!

 

好きなタイプは

『ほわんとしてて可愛くて頭が良くて...』

 

んー...

 

『年齢を重ねるごとに相手に対しての条件が増えていく...』

 

あー....

 

『俺、結婚よりも子供は欲しい』

 

女子かっ!!!

 

Sよ。生涯未婚率は年々上がっている。ガンバレ。

まずはそのハードルを下げたらどうか。

(50代、未婚の私が言うのもなんだが)

 

 

おまけの話

 

今回20年ぶりくらいに会った従妹Yちゃん(49歳女性、既婚)が

開口1番『うちのが暴走して迷惑かけてごめんねー』と菓子折りを手渡す。

 

うちのが?暴走?

 

...あぁ。

 

hrgrusrmk.hatenablog.com

 良く出来た娘だ。

 

ちなみにこの記事以降、叔父から小説の件を聞くことはナイ。