読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかきなこのどこへながれていくのかな

洋服縫って主にイベントで販売中。流れ着く先はどこなのか模索中。

客とお客様

イベントにて。

 

その1・春に向けてのワンピースを手に取った客。

 

『カワイイ~』

「ありがとうございます」

 

『値段がカワイクない~』

 

...そんなことを言うお前はもっとカワイクない。

 

別のワンピースを並べて見せて説明する。

「お客様が手に取られたワンピースは生地代が高いのです。こちらのワンピースは工程が多く時間がかかっております。ですがこちらの方が生地が安くお値段は安いのです。」

 

さらに続ける。

「価格の高い生地は質が良く、独特の柄でキレイです。ですのでお客様の目に留まるのだと思います。」

 

客、悩む。

他を一通り見てもう1度手に取り悩む。

 

が、あきらめた。

 

よかよか。買わんでよか。大丈夫、他で売るから。

(ここは九州。「いいよいいよ。買わなくていいよ。」の意)

 

 

その2・冬物コートを手に取られたお客様

 

『これ、羽織ってみて良いかしら』

「はい、どうぞお試しください」

 

『なんでこんなに安いの?』

「2月も終わりに近づいていますので少し下げております」

少し=1000円。これは内緒)

 

『そうよね。こんな値段はあり得ないわよね。これください。』

 

即決。ありがとうございます。

(1000円下げる前でもこのお客様には関係なさそう)

 

対照的な客とお客様(呼称は分けて書く)のお話でした。