読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかきなこのどこへながれていくのかな

洋服縫って主にイベントで販売中。流れ着く先はどこなのか模索中。

ありがたい?アドバイス?

その他いろいろ

昨日は勤めていた会社の社長のことを書かせていただきました。

 

hrgrusrmk.hatenablog.com

 

今日は社長のご主人「会長」のことを。

 

80目前。いまも大きなユンボに乗って山を掘ったりしてます。

エルメスのポロシャツ等を着て乗る。泥だらけになっても平気)

高速道路をベンツ(スポーツタイプ)でアウトバーン並にぶっとばす。

ある時はベンツ(ゲレンデ、ジープのようなタイプ)で谷へ落ちたり。

軽傷で済んだけどベンツでなかったらとんでもないことに

 

交渉、取引は「勝負事」としてとらえ

対お役所は納得のいかないとき、対応が悪いときは電話で

「お前、何課のだれ?今からそこに行くから待ってろ」と突撃。

お供すること数知れず。1度は県職員と殴り合い寸前を止めたことも。

 

血の気の多い元気な方です。

 

会社員時代の会長がらみのことを書けばネタは尽きないと思います。

 

先月のこと。勤めていた会社の同僚から電話。

『いなかさん、夕食終わりました?』

「いえ、まだです」時刻は17:50くらい

『会長が19:00に〇〇(店の名前)に来れますかと聞いてます。』

「はい、大丈夫です。」

『ではタクシーで来てください。』

 

おいおい、あと30分後にはタクシー呼ばないと間に合わねぇ。

一事が万事こんなカンジです。

いきなり有無を言わさずです。

 

なんとか時間前に到着し同僚と一緒に食事をご馳走していただきました。

 

食事をしながらこんな話を。 

『まだまだ月に〇〇くらいだろ』割と近い収入額を言い当てられる。

『商売が軌道にのるまで3年はかかる。俺は2年でのせるけど。』

(そりゃキャリアも規模もレベルも違う)

 

私「常に仕事のことを考えていて気が休まらない」と言うと

『そりゃ当たり前。俺は寝てても考える』

  会長は休みの日でも現場を見回りユンボに乗り、常に仕事をしています。

 

で、私の仕事のこと考えてくださって

 

『裁判所の競売で落札した店舗(商店街の中、昔高級洋品店)を貸してやるから...』

 

イベント中心なんだって

店舗にいたら縫ってる時間なくなるから

 

『洋服で儲けるならバッタ屋から仕入れて...』

 

会長、私は自分で縫って売るんだって。

 

 ありがたい?アドバイス?感謝いたします。