読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかきなこのどこへながれていくのかな

洋服縫って主にイベントで販売中。流れ着く先はどこなのか模索中。

その鏡はうちのです

洋服を販売するので鏡は必須。

ブースが広ければ高さ1m20cmと1m40cmの鏡を2つ設置します。

 

鏡が1つの時はお客様同士、待っていただくこともあります。

 

で、たまにあること。

鏡が大きいので向かいのブースのお客様が使う。

それはピアスだったりネックレスだったりちいさな品物。

 

自分のところで鏡を用意してください。

初出店であれば仕方ありませんが、数回参加していて持ってきているのが手鏡。

(そういえばこの出店者は最近見なくなりました)

 

 

お客様から見ればそこに鏡があるから使うのだろうと思います。

ですが出店者同士なにか一言あっても良いのでは。

 

別イベントでお隣がバックの出店者の時。

大きなバックなので姿見を用意されています。

 

うちの洋服を手に取られたお客様がそちらに行こうとしたので止める。

「鏡はこちらにございます」

(襟首掴んで戻したいくらい)

 

お客様が帰られてからお隣に「失礼しました。ありがとうございます。」とご挨拶。

 

 

また別のイベントで。

 

通路挟んで隣がアクセサリーのブース。

(同じイベントに良く出ているのでこの出店者とは話したことがある)

 

お客様が出店者に何か聞いている。

出店者、うちの鏡を指さしている。

 

お客様、アクセサリーを自分にあててうちの鏡を使う。

 

おい、コラ!

 

おまえ(出店者)のために用意した鏡ではない!

指さしたよね? アッチってさしたよね?

 

何回もイベント出てるよね? 

お客様が勝手にこちらに来たわけじゃないよね?

 

なんか一言いわんかい!

 

と、この日も心の中だけでつぶやき、プンプンしてしまったのでした。

 

またやったら、このブログで吠えてやる。

相手には届かないけど(´・ω・`)